今回も鍬の修理で一稿。
「代々ウチに受け継がれてきた」と言われても信じそうな、古めかしい鍬の修理です。
といっても、基本工作に変わりはありません。



ただ柄と刃の接合部にスキマが目立つので、ここはチト一考。



困った時は力業

ここは単純にわかりやすく、三方からクサビを打つ事にしました。
土牛の農耕用、大を1本、中を2本使用。



刃の研ぎ

修理した新旧2本の唐鍬をひとしきり使ってみた結果、古い鍬の切れ味が悪く感じました。
左が平成時代に購入した鍬、右が年代不詳の鍬です。
古い方の鍬は先端も丸く、刃も磨り減っている風に見えます。


とりあえず、鎌や包丁の延長のつもりで砥いでみました。
そんなに鋭くする必要も無いので、粗目から中目で仕上げ。



しかし、見れば見るほど年代不詳な唐鍬なんですよねぇ。



平成に入ってから購入した新しい鍬は、鉄板から切り出したような整った印象。
接合部にも溶接の跡が見えます。
しかし古い方の鍬は、鉄の塊からワイルドに打ち出した様な印象。
接合部も自然で継いだ跡も見えません。
ウチの場合は蔵から古びた脇差や仕込み刀が出て来るくらいなので、同年代の農具が残存しててもおかしくないんですよねぇ、唐箕(とうみ)なんかも残ってたくらいで。

こうして思いを馳せつつ、無心に砥石を走らせるのも楽しかったです。