こんにちは!日々、プロ野球グラウンド1面分の竹林と戦い続けるクリハラです。竹林オーナーの視点から、個人レベルでの竹林活用法について考えています。今回は、とある竹の関連団体に参加申し込みをしてみました。